管理人は強化睡眠不足

ワールドトリガーまとめ管理人の日常。

鳩原未来について

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター等 でシェアをお願い致します。非常にはげみになります。

Traveller

人物

現在、行方不明で、元ボーダーの有能な女性スナイパーです。

現ランキングでB級1位の二宮隊の隊員であり、BBFによると、スナイパーとしての技能はボーダーで圧倒的なもので、文句なしのトップクラスのようです。

 
外見はほっぺたのそばかすが可愛らしい地味な印象の、控えめな性格の女性のようです。

二宮隊長が説明するところでは、「作り笑いが顔に張り付いた、冴えない女」というこで、二宮隊長の話す印象は、あまり良いものではありません。

狙撃手としての先生は、最初の狙撃手としてかつてA級1位を率いた東春秋です。

 

 

玉狛第一のパーフェクトオールラウンダーの木崎レイジも同じく東隊長の弟子にあたり、レイジにとっての鳩原は妹弟子ということになります

ちなみに、現在B級2位の影浦隊のスナイパーの絵馬ユズルは、失踪以前は鳩原の弟子でした。

 

二宮隊の隊員として活動していた当時はマメに作戦室を掃除していたり、同部隊のオペレーターである氷見の、あがり症という悩み解決に協力するなどの行動があって、彼女自身の「人が撃てない」という戦闘員として深刻な悩みはともかくとして、周辺の人間関係はなかなか上手くいっていた様子です。

重大違反

ワールドトリガーの物語開始時点からさかぼった半年前に、ボーダーのノーマル・トリガーを民間人である雨取麟児に横流しするという、記憶封鎖処置もありうる極めて重大な規律違反を犯しています。

そして、鳩原は近界へのゲートを協力者たちと共に通って近界へと旅立っていったようです。 


この鳩原こそが、三雲修の回想の中で雨取千佳の兄である雨取麟児が修に話した「協力者」と考えられています。

雨取麟児が三雲修に見せたボーダーのトリガーは、鳩原から何らかの条件と引き換えに受け取ったものと考えられます。

 

城戸司令たち上層部は、鳩原や麟児がゲート勝手に通って近界へ入ったとして、A級3位の風間隊などを刺客として、指令を出して派遣しています。

しかし時すでに遅く、鳩原たちは行方不明となってしまったため、公表されている理由としては、違反行為による除隊(つまりクビ)という扱いにされています。

 

鳩原の弟子である絵馬は、鳩原が「人が撃てない」という理由で遠征などに重大な支障をきたすということで、鳩原の所属する二宮隊全体までも連帯責任として降格をされてしまい、その事実に絶望したことでボーダーを辞めた、と思っています。

 

この件についての真実を知る人物は少なく、ボーダーの幹部と追跡班だった風間隊らのごく一部のA級隊員と、玉狛支部のレイジと、二宮隊長訪問についての話題から鳩原についての詳しい話をレイジから「他言無用」とことわった上で聞いた修ら主人公三人となっています。

 

鳩原が雨取麟児やその協力者数人と共にゲートの先へと旅立って消えてから、彼女が所属していた二宮隊は連帯責任としてB級降格処分になりました。

現在、その消息はまったくの不明であり、同部隊の隊長である二宮は単独で真相究明のために活動しています。

 

技能

鳩原は、現在はB級ですがA級だった時代もあったほどの実力者揃いの二宮隊の、唯一のスナイパーです。 
弟子の絵馬ユズルの説明では、「人が撃てない」という欠点がありましたが、その代わりとして素晴らしい狙撃の技能を最大限生かしての武器破壊によって、二宮隊の勝利に大きく貢献していたようです。


個人のポイントは、敵を撃破できないハンデが大きく響いて低かったようです。

しかしスナイパーとしての腕前は「一番だ」と弟子である絵馬が発言しています。

どうやら「最初の狙撃手」の東や、現在A級二位の冬島隊に所属しているスナイパーランク第1位の当真などを凌ぐほどの素晴らしいセンスを持っていたようです。

事実として、BBFのスナイパーの狙撃ポイントは最も高いです。

 

おそらく鳩原は「人が撃てない」という悩み解決の糸口を求めて近界へと旅立ったと予想されていますが、それ以前ではボーダーに戦闘員として在籍し続けるためか、スナイパーのトリガー・ライフルであるライトニングと、銃型トリガーのオプショントリガーである鉛弾を組み合わせてみるなど、いろいろな方向で別の解決策を探していました。

他にもBBFにおいて、オプショントリガーであるスパイダーのトリガーの装備も判明しています。

 

こういったことから、直接攻撃がどうしてもできないため、サポートに徹底する方法論を模索していたことがうかがえます。

worldtriggermatome.ldblog.jp

広告を非表示にする